OCD(強迫性障害)妻の夫の日常

OCD(強迫性障害)の妻との日々の記録を綴ります。

決意

妻の調子がどん底だった頃、一つの決意をした。
妻が前から好きだった猫を迎え入れることである。
猫カフェにもよく行ってたし、ペットショップ等もよく見に行っていた。飼いたいとよく言っていた。
私は、そもそも私が猫が好きでもないこと、猫とはいえ命を預かること、ペットロスのこと、家が傷むこと、今後の生活にいろんな制約がかかってくること、経験がないだけに反対だった。
妻にもその旨は伝えていたし、妻も承知はしていた。

そんな私がなぜ真逆の決意をしたかと言うと、無気力で当時いつも泣いていた妻の笑顔を取り戻したかったからである。
きっと世の中のペットを飼っている人からすると不心得だと思われるが、妻のことが一番だった。

(私の決意の理由はいまだに告げてないが)妻に猫と暮らすことを前向きに考えると伝えると、妻はプレゼン資料を作り、猫にかかる費用は全て妻が出す、面倒も全て見る、そんな約束を自主的にしてきた。
約束は守られはしないとわかっていながら、笑顔で楽しそうに話す妻の様子が嬉しく、私は猫を迎え入れた。

妻の笑顔は戻った。私もすっかり猫の虜になった。
そして我が家は猫中心になった。